支那史学史 - 内藤湖南

内藤湖南 支那史学史

Add: bowicop80 - Date: 2020-12-07 01:22:03 - Views: 682 - Clicks: 190

1 関西大学東西学術研究所資料集刊 34. 支那史学史概要 ――史記より清初まで――(旧字旧仮名、作品id:50317) 支那に於ける史の起源 (旧字旧仮名、作品id:2609) 支那の書目に就いて (旧字旧仮名、作品id:1732) 支那目録学 (旧字旧仮名、作品id:2938). 関西大学出版部.

支那漫遊燕山楚水 内藤虎次郎著 ゆまに書房 1997. 内藤湖南 学説 邪馬台国畿内説「邪馬台国畿内説」を参照唐宋変革論「唐宋変革」を参照史論の代表的なものに、独特の文化史観に基づき、中国史の時代区分を唐と宋の間を持って大きく時代を分けるというものが唐宋変革論である。. Amazonで内藤 湖南の支那史学史 (1) (東洋文庫 支那史学史 - 内藤湖南 (557))。アマゾンならポイント還元本が多数。内藤 湖南作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 底本:「内藤湖南全集 第十一卷」筑摩書房 1969(昭和44)年11月30日初版発行 1976(昭和51)年10月10日初版第2刷発行 入力:はまなかひとし 校正:小林繁雄 年7月16日作成 青空文庫作成ファイル:. 支那の書目に就いて; 文溯閣の四庫全書; 応仁の乱に就て; 大阪の町人学者富永仲基; 概括的唐宋時代観; 尚書稽疑; 支那歴史的思想の起源; 聖徳太子; 章学誠の史学; 近畿地方に於ける神社; 弘法大師の文芸; 近代支那の文化生活; 蔵書家の話.

内藤湖南在中国学方面,研究范围十分广泛:从对中国稀见古籍史料的搜求、考证、编辑、出版,到对中国历史发展的时代划分,对中国文化发展趋势的论证,对中国近代史重大事件的分析、评论,以及在中国史学史、美术史、目录学史、敦煌学、满蒙史地等领域. 支那史学史 全2冊揃 <東洋文庫 557・559> ¥ 3,600 (送料:¥200~) 内藤湖南 著 、平凡社 、1994 、2冊. 2R/15> 資料番号12327862. ‎「支那史学史概要」は慶応から昭和時代にかけて活躍した日本の東洋史学者である内藤湖南の作品。 本書は、「史記より清初まで」についてさらに話している。. 内藤湖南全集(第11巻) - 内藤湖南 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. ナイトウ コナン. 内藤湖南は東北の南部藩の儒者の家に生まれている。 幼年時代に父から漢籍を学び、地方の師範学校を卒業し、東京に出て、 生きていくためにジャーナリストになった。 その後に、支那問題の大専門家となり、日本で二番目に設立された帝国大学、京都帝大の東洋 史学科の教授に招かれた.

内藤湖南が中国史に提唱した時代区分及び宋代近世説は、現代の中国における関心事や考え方に大きな影響力を持つ。 辛亥革命以後に中国が陥った政権崩壊や、軍閥が割拠する暗黒時代の失望感など、清末の中国の研究は、内藤の追求心を掻き立てた。. 2.内藤湖南の「処方箋」 結びにかえて――もう一つの「中国モデル」? 内藤湖南における近代中国の構築 何 鵬 挙 はじめに 内藤湖南(、本名、虎次郎)は近代日本屈指の東洋史学者であり、「支那学」 の創始者の一人だと考えられる。. 支那史学史(2) - 内藤湖南 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 内藤湖南全集 第11巻 【支那史学史】 月報付属 ¥ 1,800 、筑摩書房 、昭和44年初版 、505, 38p 図版 、23cm. 今ほど、中国を全体として捉える視点が必要なときはない。そして、それを持っているのが日本のシナ学の開祖・内藤湖南である。その主要論考「東洋文化史研究」「支那史学史」などを収録。 【著者紹介】 内藤湖南 : 1866~1934。東洋史学者。.

内藤湖南 著 ; 玄幸子, 高田時雄編著. 20世紀に入って京都帝国大学 文科では、狩野直喜(支那語学支那文学)・桑原隲蔵(東洋史学)・内藤虎次郎(湖南)(同)の3教授を中心に中国学(当時は「支那学」)の研究が盛んになり、「京都支那学」(京大支那学)と称される勢いであった。. 日本の近代史学史における中国と日本(Ⅱ)-内藤湖南の場合-、歴史家の同時代史的考察につい て-再び内藤湖南の場合-/増淵龍夫著(歴史家の同時代史的考察について) 岩波書店 1983年 p49-82、p108-167 <201. Amazonで内藤 湖南の支那史学史概要。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。. 湖南は、『日本人』『万朝報』『大阪朝日新聞』『台湾日報』などで、ジャーナリストとして活躍した後、京都大学に招かれ、東洋史学講座を担当した。中国史全体に関する学者としての博識と、中国現地でのジャーナリスト経験を合わせもつ稀有な存在と. 内藤湖南は私にとっては先生の先生ですから「湖南先生」と呼ぶべきですが、今日は学術的 な集会ですから、内藤湖南と呼び捨てにいたします。その内藤湖南が28歳のときに書いた文章 に、「創才と学殖」というものがあります。. 湖南についての評伝は、同郷の青江舜二郎(1229夜)による初の湖南論の『竜の星座』(朝日新聞社・のちに中公文庫)、三田村泰助がまとめた『内藤湖南』(中公新書)、小川環樹が「日本の名著」に書いた『内藤湖南』(中央公論社)、アメリカの日本.

内藤 湖南(ないとう こなん、1866年 8月27日(慶応2年7月18日) - 1934年(昭和9年)6月26日)は日本の東洋史学者。 名は虎次郎。字は炳卿(へいけい)。. (1907)に京都帝国大学文科大学東洋史学講座講師、1909年に京都帝大教授。著書『近世文学史論』『東洋文化史研 究』『日本文化史研究』『支那史学史』などは『内藤湖南全集』に収録。下中邦彦『日本人名大事典』、平凡社、1979 年。. Amazonで内藤 湖南の支那史学史 (1) (東洋文庫 (557))。アマゾンならポイント還元本が多数。内藤 湖南作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 6 復刻 幕末明治中国見聞録集成 / 小島晋治監修 第4巻. 支那に於ける史の起源 内藤湖南 支那に於ける史の起源に就て述べようと思ふのですが、此の史といふ字には支那では二樣の意義を持つ事になります、一は歴史の書籍の方の意義で、一は歴史を掌る官吏、即ち史官の事になります、其の史籍の方の起源になりますと種々込入つて居りますので.

内藤湖南著,马彪译:《中国史学史》(上海:上海古籍出版社,)。 内藤湖南著,栾殿武译:《中国绘画史》(北京:中华书局,)。 政治观. 不幸な少年時代 中国史研究の発展に大きな足跡を残した内藤湖南(虎次郎)は、国家がその学識を必要とする、優れた歴史学者であった。しかし彼は、司馬遷の如く、時の権力に迎合することなく、自らの理想を説き続けた。 内藤湖南は、慶応二(一八六六)年七月十八日に陸奥国毛馬内村. 内藤湖南の中国史観『支那史学史(全2巻)』(東洋文庫557、559) 清の風俗や制度『清俗紀聞(全2巻)』(東洋文庫67、70) カテゴリ: ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。.

中国史の時代区分の問題については、わが国では現在二つの見方が行われている。 一つは内藤湖南による説で、彼は唐宋の間に中国の社会・文化は一大転換をとげたとみ、それまでを古代、以後を近世とした。. 内藤湖南(ないとうこなん)の解説。1866~1934東洋史学者。秋田の生まれ。本名、虎次郎。大阪朝日新聞などの記者を経て京大教授となり東洋史学を担任、中国史学の発展に貢献した。著「日本文化史研究」「支那史学史」など。 - goo人名事典は15万件以上の人物データを収録しています。. 美術人名辞典 - 内藤湖南の用語解説 - 東洋学者。秋田県生。名は虎次郎、湖南は号。初め新聞記者となり、中国問題第一人者として活躍する。訪中六回、羅振玉・王国維ら清末の学者、熊希齢ら民国の政治家と交わる。のち京大教授となり、狩野君山と共に東洋史の〈京都学派〉を育てた.

支那史学史 - 内藤湖南

email: genil@gmail.com - phone:(893) 946-9664 x 5074

夢の途中 歌集 - 吉田よき子 - 四季彩々 田中延子

-> 宇宙を解く鍵 - ナイジェル・コ-ルダ-
-> 障害者の権利と法的諸問題 - 九州弁護士会連合会

支那史学史 - 内藤湖南 - 氷川へきる パンドラちゃんねる


Sitemap 1

よくわかる女性のADHD 注意欠如・多動症 - 司馬理英子 - はじめての